太陽光発電

環境や家系にメリットが満載!自家発電をリーズナブルに始めませんか?大手メーカー品を組み合わせた、最適なシステムをご提案します。

太陽光発電のメリットとは?

家系を圧迫する、不安要素が増えています。
  • 光熱費の高騰
  • 電気料金の値上げ
  • 光熱費の高騰
  • 光熱費を大幅に削減!
  • 余剰電力を売電できる!
  • たとえ停電しても非常用電源として利用可能

※ 太陽光発電システムは3.24kW。 ※ 発電電力量は太平洋側の平均日射量を想定して計算しました。
※ 年間消費電力は住環境計画研究所「家庭用エネルギーハンドブック」を参考にしています。

  • 大手メーカーの最適なシステムをリーズナブルにご提供します。取り扱いメーカーKYOCERA/Panasonic/SHARP/TOSHIBA/CanadianSolar
    • 出力保証範囲は、仕様書で規定されている最大80%以上。
    • お客様の故意による故障は保証できない場合があります。
    • 保証書の詳細については、お問い合わせください。
    • モジュールメーカーにより、内容がことなります。
ページトップへ

太陽光発電の電力を快適に利用するための7つのアイテム

スムーズな太陽光ライフを実現するのは、高性能なシステムです。
屋根に設置する太陽光電池モジュールから電力メーターまで太陽光発電システムの構成機器をチェックしておきましょう。

太陽光モジュール→接続箱orマルチアレイコンバータ→パワーコンディショナー→発電モニタセット→住宅内分電器→電化製品→発電メーター→売る電器へ変換→電力会社を通し買う電器へ→買う電器は買電メーターを通して住宅内分電器へ

太陽光発電の快適な利用を実現するのがパワーコンディショナなどの機器で構成されたシステムです。
高性能なアイテムが太陽光発電の安定的な利用と経済性をサポートします。

ページトップへ

余剰電力買取システム

使い切れない電力は電力会社に売電

太陽が高い位置にある日中など、たくさん発電して家庭内で使い切れない電力は自動的に電力会社が通常より高価で買い取りますので経済的にもお得です。夜間の発電しない時間帯は、電力会社から通常通り電気を購入することができるので心配ありません。

太陽光発電の余剰電力買取制度
太陽光発電システムで発電した電力のうち、自宅で使いきれない余った電力は1kWhあたり37円で10年間電力会社が買い取ります。

1kWhあたり37円の買取価格は平成26年度(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)に住宅用太陽発電システムを導入した場合に、向こう10年にわたり固定して適用されます。買取価格は導入年度によって異なる場合があります。

昼間余った電器は売り、夜間は買う電器を使う

一般的な家庭内の電気製品の使用をイメージしたものです。
また太陽光発電は晴れの日を想定していますので、実際には天候などの条件によりこのイメージとは異なります。

ページトップへ

快適な暮らしの中でエコロジー&エコノミーライフの実践

太陽光発電システム構成

太陽光発電のシステム構成
石油資源を節約します
CO2発生量を一般家庭と太陽光利用住宅と比べる

太陽光で発電した電力を利用することで、火力発電である石油資源を節約できます。
一般家庭(住宅用3.8kWシステム)の場合、年間1055L(=灯油缶59本分)の節約が可能です。

CO2の排出を削減します
CO2発生量を一般家庭と太陽光利用住宅と比べる

太陽光発電(住宅用3.8kWシステム)を利用すれば、年間約1463kgのCO2を削減できます。これは一般家庭の場合、1年間のCO2排出量が約半分以下になるということ。杉の木149本が吸収するCO2の量に匹敵します。

ページトップへ